買ったもの(使った)レビュー

油性色鉛筆160色のレビュー!大人の塗り絵にも子供との塗り絵にガンガン使えコスパ良し。

4歳保育園児子育て中のアラフォーワーママです☆

今回は、子供と塗り絵するために購入した、160色入の油性色鉛筆のレビューです。

 

 

今まで塗り絵の時は何かのおまけ?でもらってきたクレヨンや12色の色鉛筆を使っていました。

12色って一通りの色は揃ってはいるけど、なんだか物足りない。

 

「小さなプリンセスソフィア」の塗り絵をしていて思いました。

ソフィアの紫のドレスを、1種類の紫色で塗るのがつまらない。

 

もっと色の数が欲しいなーと思い、この機会に購入することにしました。

色鉛筆には2種類ある?

色鉛筆は油性水性の2種類あります。

 

一般的な色鉛筆は油性です。

顔料とワックスが含まれているので発色が良く、しっかりと色が入ります。

 

水彩色鉛筆とは、水に溶けるので混色が簡単。

芯が硬いので、細かい線を描ける。

水彩色鉛筆は大人向けのようです。

 

今回はスタンダードな油性色鉛筆を選ぶことにしました。

 

何色入りがお得なのか?

早速Amazonで検索。

12色入り〜160色入りくらいまでの商品がたくさんあります。

1本あたりの値段でのコスパの良さを考えます。

迷ったのが50色入りか160色入りか・・・

 

50色入りは1本あたり31円

160色入りは17円。圧倒的に160色入りの方がコスパが良い!

 

 

160色鉛筆使用感

到着。(日本語の表現としては不思議なメッセージ入り。)

プラスチックケースに入ってました。

 

 

 

鉛筆削りと消しゴム付き。

これなら、別で用意しなくてもいいので嬉しいですね。

たくさんの色鉛筆。テンション上がります。

 

プラスティックのケースは、柔らかくてペラペラなんで、色鉛筆を頻繁に使うのであれば、

出し入れが面倒にな理想。

うちは全部立てて収納することにしました。

 

 

 

緑系で28色。

緑系だけで塗るとこんな感じ。

似てる色はあるけど全く同じ色はありませんでした。

 

(↓↓残りの132色を使いました。)

 

オマケでもらう色鉛筆とは違うのか芯が柔らかく塗りやすいです。

4歳娘も「この色鉛筆塗りやすい」と、違いがわかるよう。

キラキラ光る色鉛筆↓も入っていてテンション上がります☆

 

160色入り色鉛筆のメリット

 

正直、色が多すぎて色の違いがあんまりわからないけど(笑)

全く同じ色はありませんでした!

1色使い切ったり無くしてしまっても、似た色を使えばいいので、長持ちしそうです。

親子で塗り絵するときや、友達と遊ぶときでも取り合いにならないし便利。

 

でも正直子供用としては、160本は多いかなー?とも思います。

4歳だったら50色くらいでも十分満足するかもしれない。。。

小学生くらい〜大人は大満足すること間違いなし!

プレゼントにも喜ばれそう( ´ ▽ ` )

 

 

しばらく使っていていて、きちんとした鉛筆削り器が欲しくなり、こちらの削り器を購入しました。めちゃくちゃ綺麗に削れます!!長ーく使えるし、芯も折れなくてストレスレス。
 

ABOUT ME
たらこ
たらこ
北海道出身、東京都在住。 夫、娘の3人暮らし。フルタイムワーママ。 港区、中央区、千代田区あたりの企業を渡り歩きながらのIT系派遣社員。 毎日楽しく暮らせるように試行錯誤中です。