アラフォー美容

ノンシリコンというだけでシャンプーを選んでいませんか?大切なのは洗浄成分です。

ここ数年、ノンシリコンのシャンプーが流行ってますよね?

ノンシリコンじゃないシャンプーとの違いはなんなんでしょう?

そもそもシリコンってなんなのか?

なんとなく髪によさそうだからというだけでノンシリコンシャンプーを選んでいませんか?

シリコンって髪に悪いもの?

シリコンって入っていたらいけないものなのか?

シャンプーに入っているシリコンは科学的に作られた人工物のこと。

キューティクルに付着しコーティングしてくれ、手触りをよくしてくれたりつやを出してくれる効果があります。

安価に作ることができるので、お手軽に髪の毛をサラツヤにしてくれます。

髪をコートしてくれるだけで、髪を補修したり、浸透して保湿するような効果はないんです!

継続的に使用すると、毛根や毛穴がシリコンで詰まって栄養がいきわたらず髪の毛が細く弱っていってしまうこともあるとか。。( ゚Д゚)

こういった理由が広まって、今では市販のシャンプーでもノンシリコンが増えてるんですよね。

でも、ただノンシリコン=髪にいい!と考えるのは要注意!!

ノンシリコンシャンプーならどれでも髪の内側から健康に導いてくれるのか、といえばそうではありません。

洗浄成分がポイント

シャンプーの品質に一番重要なポイントは、シャンプーに使われている「洗浄成分」です。

この洗浄成分には多数の種類があり、どのような洗浄剤を使用するかでシャンプーの品質が決まります。

安価なシャンプーの洗浄成分にはだいたい

ラウリル硫酸Na

ラウリル硫酸カリウム

ラウレス硫酸Na

ラウレス硫酸TEA

が配合されていることが多いです。

上記の成分は、それぞれ石油系合成界面活性剤のひとつで旧表示指定成分です。

旧表示指定成分とは、 旧厚生省が定めたアレルギーや湿疹等の皮膚刺激をおこす恐れのある成分のことです。

まず「ラウリル」と「硫酸」がつく成分を避ければ、かなりの確率で髪や頭皮に良くないシャンプーを避けることができます。

そしてラウレス系成分(ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA)が成分表示の上のほうにあるものも避けたほうが無難です。

市販の安価なシャンプーは、洗浄成分がラウリル硫酸・ラウレス硫酸系を使っていることが多いのです。

それらの成分は、洗浄力・脱脂力が強く髪や頭皮の必要な潤いまで奪ってしまうことがあります。

また、その洗浄力の強く潤いを奪いすぎてしまうのを隠すためにシリコンをはじめとするコーティング剤(合成ポリマー)を利用しています。

ノンシリコンシャンプーと書いていても、洗浄成分が市販の安価なシャンプーと同じであれば、髪にいいどころか高い

だけでキシキシするシャンプーということになります。

ドラッグストアなどに売っているお手頃価格のノンシリコンシャンプーの洗浄成分は要確認ですね。

髪に良いと思っていたシャンプーが、髪を傷ませているかもしれません。

お風呂タイムに成分を確認してみてくださいね。

アミノ酸系(弱酸性)のシャンプーがいい

それなら、どんなシャンプーを選べばいいのか?

迷われるならお肌に優しいアミノ酸系のシャンプーをおススメします。

アミノ酸シャンプーは、主成分がアミノ酸系洗浄剤のシャンプーのことです。

お肌と同じ弱酸性なので、顔が洗えるほど低刺激で頭皮にも優しく、髪や頭皮のうるおいを奪いません。

またカラーの持ちがよいというのも嬉しい特徴です。

見せかけでなく髪本来の美しさを引き出すことができるのです。

シリコン剤では得られなかった、ツルツルしっとり感がきもちいいですよー。

実際使用したノンシリコンシャンプーの口コミ記事はこちら↓↓

コスパ良し、ケアテクト。市販のシャンプーに満足していない方に美容師さんもオススメ!

ABOUT ME
たらこ
たらこ
北海道出身、東京都在住。 夫、娘の3人暮らし。フルタイムワーママ。 港区、中央区、千代田区あたりの企業を渡り歩きながらのIT系派遣社員。 毎日楽しく暮らせるように試行錯誤中です。